平成30年度(第47回)福岡県医師会臨床検査精度管理調査のご案内

 
 検体検査は、疾病の的確な診断や、治療効果の評価等のために日常的に実施されているものであり、その品質・精度の確保は医療技術の進歩とともに重要となってきております。

 本会では、昭和47年度より精度管理調査及び結果をもとにした研修会を実施しております。特に、平成8年度からは県内検査の検査値の標準化に努めているところであり、今年度も昨年度同様、県内施設一括して九州臨床検査精度管理調査に参加し、福岡県独自の解析を行いますので、多数ご参加いただきますようご案内申し上げます。
 平成26年度より、福岡県独自の解析において、ドライケミストリー法を使用されている施設への参考評価を行っております。ドライケミストリー法採用の施設も是非ご参加いただきますようご案内申し上げます。

 ※県下病院や例年参加頂いている施設には、本会より直接ご案内しております。
 ※本調査に初めて参加を希望される施設は、下記までお問い合わせください。


 
【調査方法】 福岡県医師会で県内施設を一括して九州臨床検査精度管理調査に参加する。
【参加資格】 臨床検査に関係する病院・診療所・衛生検査所等
【申込み締切】 8月10日(金)

【参加費】
医療機関:27,000円
衛生検査所・検診機関:35,000円
※EIA・RIA参加の場合はプラス10,000円。
(EIA・RIAのみを参加される場合もプラス10,000円の料金です。)
【振込み締切】 8月24日(金)
【試料発送日】 平成30年9月4日(火)予定(クール宅急便で直接各施設へ発送)
※事務局からの試料発送日であって各施設への到着日ではありません。

【結果研修会】
平成31年3月3日(日)14:00
九州大学百年講堂(福岡県独自のデータ解析を行ないます。)
※九州臨床検査精度管理研究会発表会:同日の午前中に同会場で開催。
※詳細につきましては、九州臨床検査精度管理研究会へご参照ください。
【調査項目】
[生化学]
1)ブドウ糖2)総コレステロール3)HDLコレステロール4)LDLコレステロール
5)中性脂肪6)クレアチニン7)尿酸8)尿素窒素
9)総ビリルビン10)直接ビリルビン11)無機リン12)鉄
13)カルシウム14)ナトリウム15)カリウム16)クロール
17)マグネシウム18)ALP19)γ−GT20)AST(GOT)
21)ALT(GPT)22)CK23)AMY24)LD
25)ChE26)総蛋白27)アルブミン28)蛋白分画
29)血算項目(ヘモグロビンを含む)30)尿(蛋白、糖、潜血、沈渣)
31)HbA1c32)CRP33)IgG34)IgA
35)IgM36)C37)C38)RF
[免疫血清]
40)HBs抗原41)HCV抗体 42)梅毒
[EIA・RIA]
43) CEA44)AFP 45)CA19−916)PSA
47)CA12548)TSH 49)FT50)FT
51)インシュリン52)β−M 53)IgE54)フェリチン
[輸 血]
55)血液型
[微生物]
56)分離同定57)感受性
[血液凝固]
58)PT59)APTT 60)フィブリノーゲン
※赤文字は九州臨床検査精度管理研究会の案内表記に合わせて昨年度からの変更点です。


お問い合わせ先
福岡県医師会地域医療課
宿里・小川・佐藤
TEL 092-431-4564 FAX092-411-6858
e-mail:fpma-chiiki@fukuoka.med.or.jp



 


 

公益社団法人 福岡県医師会
(C)2007 Fukuoka Prefecture Medical Association. All Rights Reserved.