第3回心のふれあい大賞作品集
18/23

入賞作品⃝小学生の部 優秀賞 ― 「おとうとがにゅういんして」小学生の部 優秀賞「おとうとがにゅういんして」 2ねんまえのふゆ、だいじなおとうとがにゅういんしました。かわさきびょうとゆうびょうきでした。おとうとは、ひどいじょうきょうだったのでつらそうでした。まいにち、たくさんのけんさをして、たくさんちゅうしゃもして、てにはてんてきをずっとつけ福岡市・小学1年高橋 心咲たままでした。からだじゅうに、たくさんでんきのせんもついていてベッドからおきることのできない、たいへんなせいかつでした。ごはんもあんまりたべれなくて、おくすりもじょうずにのめませんでした。おきているあいだはずっとないていたそうです。 わたしは、おとうとのおみまいにいってもなかにはいれずにいつもめんかいしつというところでまっていました。まいにちまいにち、おとうとにおてがみをかいていました。あるひ、おとうとのたんとうのおいしゃさんとかんごしさんにあうことができました。とてもやさしそうなせんせいとかんごしさんでした。せんせいは、わたしに「ひいくんはぜったいなおるからまっててね。せんせいもがんばるから、ここちゃんもさみしいだろうけどがんばってまっててね。」といいました。わたしはとてもうれしかったです。せんせいならおとうとのことをぜったいなおしてくれるだろうとおもいました。そして、おとうともがんばっているから、わたしもがんばろうとおもいました。かぞくといっしょにすごせなくてまいにち、ばーばのいえでないていたけど、せんせいとかんごしさんもがんばってくれているから、わたしもしっかりまっていようとおもいました。 かんごしさんは、おとうとがよろこぶようにちゅうしゃのあとにはるテープやてんてきのテープにまいにちいろんなキャラクターのえをかいてくれていました。おくすりのふくろにも、かわいいえをかいてくれていました。おかあさんもおとうとも、よろこんでいて、たくさんしゃしんをとっていました。おかあさんは、かんごしさんたちのえがおとささえがあったから、がんばれたんだよ。といっていました。そして、たいいんのひに、かんごしさんが、わたしとおとうとに、かわいいてづくりのメダルをつくってプレゼントしてくれました。すごくうれしかったです。にゅういんしているおとうとだけじゃなくてわたしのこともほめてくれてうれしかったです。 せんせいもかんごしさんも、けがやびょうきをなおすだけじゃなくて、まわりのかぞくのこころもげんきにしてくれるすごいおしごとだなあとおもいました。おとうととかぞくをえがおにしてくれてありがとうございました。17

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です