県民健康づくりセミナー 平成27年度

毎月1回(第2火曜日)福岡県医師会において、医療と健康についてのセミナーを 開催しています。
 

■平成26年度分はこちら

 
  • 場所 : 福岡県医師会 (地図
  • 時間 : 14時〜 (1時間程度)
  • 入場無料  予約不要
  • お問い合わせは、開催担当団体(下記)までお願いします。
 

4月14日(火)
「お口は全身の健康の入り口・PART2」

福岡県歯科医師会

5月12日(火)
「ロコモと運動器の病気」

福岡県医師会

6月9日(火)
「認知症予防の食生活
〜若々しい脳のための食事ポイント〜」
福岡県栄養士会

7月14日(火)
「スポーツと健康」

福岡県医師会

8月11日(火)
「認知症高齢者が活き活きと暮らすために〜生活を豊かにするリハビリ のヒント〜」
福岡県作業療法協会

9月8日(火)
「個人差とさじ加減」

福岡県薬剤師会

10月13日(火)
「皆で楽しく正しく知って防ごう糖尿病、
広げよう温かい支援の輪」
福岡県看護協会

11月10日(火)
「痛くない大腸検査、
CT検査でここまでわかる」
福岡県放射線技師会

12月8日(火)
「入れ歯(義歯)の話」

福岡県歯科医師会

H28年1月12日(火)
「介護を受けないために、
今から出来ること」
福岡県理学療法士会

2月9日(火)
「乳がん検査の最新情報」

福岡県臨床衛生検査技師会

3月8日(火)
「これだけは知っておきたい糖尿病!
脱糖尿病は健康寿命をのばすコツ」
福岡県看護協会


 
4月14日(火) 「お口は全身の健康の入り口・PART2」
  一般社団法人福岡県歯科医師会 学術部員 飯田 康雄
 前回に引き続き、健口と健康の関わりについてお話いたします。 健康寿命を長くするための秘訣を具体的に探ります。

福岡県歯科医師会事務局 (担当 江藤)   092−771−3531

 
5月12日(火) 「ロコモと運動器の病気」
  福岡県医師会理事 日高 滋紀
 『ロコモ』ってご存知ですか?超高齢社会の中で元気に生きていくために『ロコモ』や『運動器の病気』にならないようにしましょう。

福岡県医師会事務局総務課(担当:浅尾) 092−431−4564

 
6月9日(火) 「認知症予防の食生活〜若々しい脳のための食事ポイント〜」
  社会福祉法人思賜財団済生会支部 済生会福岡総合病院 栄養部科長 熊本 チエ子
 認知症の予防法として多くの情報が流れています。見直してみませんか?
 食習慣を改善することが健康の第一歩です!

福岡県栄養士会事務局(担当:田坂) 092−631−1160

 
7月14日(火) 「スポーツと健康」
  福岡県医師会理事  香月 きょう子
 人間は動物です。動物は動く事によって生きています。楽しく身体を動かす事においてスポーツはかかせません。スポーツと健康について考えてみませんか。

福岡県医師会事務局総務課 092−431−4564

 
8月11日(火) 「認知症高齢者が 活き活きと暮らすために〜生活を豊かにするリハビリのヒント〜」
  医療法人福西会介護老人保健施設ケアセンターひまわり苑
  リハビリテーション部 主任 鎌田陽之
 認知症の方でも、元気に暮らしている方がたくさんいます。認知症の方の生活を支えるヒントについて、実践を交えお話をさせていただきます。

福岡県作業療法協会事務局 (担当 垰野(たおの)) 093−952−7587

 
9月8日(火) 「個人差とさじ加減」
  九州大学病院薬剤部 教授・薬剤部長  増田 智先
 くすりを飲む量、効き方、副作用の出方はさまざまで個人差と呼ばれます。過去さじ加減として調節されてきましたが、これからの調節について一緒に考えましょう。

福岡県薬剤師会事務局 (担当 島田)  092−271−3791

 
10月13日(火) 「皆で楽しく正しく知って防ごう糖尿病、広げよう温かい支援の輪」
  宗像水光会総合病院 糖尿病認定看護師 竹藤 さつき
 近年増加している糖尿病について、参加型の講座で楽しく正しく学び病気の予防、早期発見ができるようになりましょう。

福岡県看護協会 (担当 宗像水光会総合病院・大濱) 0940−34−3111


 
11月10日(火) 「痛くない大腸検査、CT検査でここまでわかる」
  JR九州病院 中央放射線室 診療放射線技師長  塩谷 正貴
 近年、X線CTを使用して大腸の詳細な情報を得ることで注目されている「大腸3D−CT検査」について、内視鏡との違いと、利点、欠点についてわかりやすくご説明致します。

福岡県診療放射線技師会 (担当 杉嶌)  092−631−1184

 
12月8日(火) 「入れ歯(義歯)の話」
  一般社団法人福岡県歯科医師会 学術部員  近藤 晃
 歯が一本でもなくなったら入れ歯(義歯)を入れる必要があります。その際どんな方法があるのかわかりやすく解説し、皆さんの疑問にお答えします。

福岡県歯科医師会 (担当 江藤)  092−771−3531

 
平成28年1月12日(火) 「介護を受けないために、今から出来ること」
  福岡県理学療法士会福岡東地区部長 藤田 貴士
 「住み慣れた地域で、自分らしい人生を送る。」それを実現するために、「介護予防」を正しく理解し、自分自身が出来る事を始めてみましょう。

福岡県理学療法士会事務局 (担当 福島) 093−965−2380

 
平成28年2月9日(火) 「乳がん検査の最新情報」
  北九州市立医療センター診療支援部臨床検査技術課 臨床検査技師長  阿部 英二
 がんの中で近年特に注目され、増加の一途を辿っているのが“乳がん”です。乳がんの検査には超音波やマンモグラフィーがありますが、もう一つ“病理検査・細胞診検査”をご存知ですか?今回、臨床検査技師が携わる乳がん検査の中で、病理検査・細胞診検査についてわかりやすく解説いたします。

福岡県臨床衛生検査技師会 (担当 金子) 092−405−9033

 
平成28年3月8日(火) 「これだけは知っておきたい糖尿病!脱糖尿病は健康寿命をのばすコツ」
  社会医療法人財団白十字会白十字病院 糖尿病看護認定看護師  古賀 康子
 生活習慣病の代表格である糖尿病。放っておくといろんな病気を引きおこします。糖尿病予防で健康寿命をのばしましょう。

福岡県看護協会 (担当 大濱) TEL 0940-34-3111(宗像水光会総合病院) ※ 予約不要・入場無料

 

 

 


公益社団法人 福岡県医師会
(C)2007 Fukuoka Prefecture Medical Association. All Rights Reserved.