県民健康づくりセミナー 平成26年度

毎月1回(第2火曜日)福岡県医師会において、医療と健康についてのセミナーを 開催しています。
 

■平成25年度分はこちら

 
  • 場所 : 福岡県医師会 (地図
  • 時間 : 14時〜 (1時間程度)
  • 入場無料  予約不要
  • お問い合わせは、開催担当団体(下記)までお願いします。
 

4月8日(火)
「そのクセちょっと要注意!」

福岡県歯科医師会

5月13日(火)
「甲状腺のお話」

福岡県医師会

6月10日(火)
「脳卒中予防の第1歩!!
〜まずは日々の食事から〜」
福岡県栄養士会

7月8日(火)
「生活習慣病
〜健康寿命を延ばすために〜」
福岡県医師会

8月5日(火)
「ひとは作業をする事で健康になれる」

福岡県作業療法協会

9月9日(火)
「薬局の上手な利用の仕方」

福岡県薬剤師会

10月14日(火)
「冬に向けてのスキンケア
〜皮膚のバリア機能を
保持するために〜 」
福岡県看護協会

11月11日(火)
「心と体に優しい重粒子線がん治療」


福岡県放射線技師会

12月9日(火)
「お口は全身の健康の入り口」


福岡県歯科医師会

H27年1月13日(火)
「呼吸器に愛情を」


福岡県理学療法士会

2月10日(火)
「インフルエンザとノロウィルスについて」


福岡県臨床衛生検査技師会

3月10日(火)
「規則的な生活に健康寿命あり
〜時間栄養学に健康な食生活を送るヒントを探る〜」
福岡県看護協会


 
4月8日(火) 「そのクセちょっと要注意!」
  福岡県歯科医師会 学術部員 渡邉 知則
 「毎日歯磨きしているのに調子が悪い。」
そんな事はありませんか?
なにげないクセが体に悪影響を及ぼしている事があります。

福岡県歯科医師会事務局 (担当 江藤)   092−771−3531

 
5月13日(火) 「甲状腺のお話」
  福岡県医師会理事 佐藤 薫
 ―甲状腺は首の前面にあり、甲状腺ホルモンをつくります。バセドウ病や橋本病など甲状腺の病気について分かりやすくお話しします。眼の異常、不整脈、認知症に甲状腺の病気が隠れていることがあり注意が必要です。

福岡県医師会事務局総務課(担当:池田) Tel 092−431−4564

 
6月10日(火) 「脳卒中予防の第1歩!!〜まずは日々の食事から〜」
  医療法人順和長尾病院 栄養管理科主任 杉山 佳子
 ―最近脳卒中により入院介護が必要になるケースが増えてきています。毎日の食事を見直して健康長寿を目指しましょう!

福岡県栄養士会事務局 (担当 主税) Tel 092−631−1160

 
7月8日(火) 「生活習慣病〜健康寿命を延ばすために〜」
  福岡県医師会 理事  東 秀樹
  ―わが国の平均寿命は世界トップクラスですが、健康で自立した生活が送れる期間(健康寿命)との差が10年前後あります。「健康で長生き」のヒントをお話しします。

福岡県医師会事務局 (担当 池田、原)  TEL 092−431−4564

 
8月5日(火) 「ひとは作業をする事で健康になれる」
  株式会社エビデンスケア研究所アイエック訪問看護ステーション   黒田 隆之
 私達の暮らしは様々な作業を行った時間が集まったものです。よりよい暮らしのために大切な作業を探すお手伝いが出来たらと思います。

福岡県作業療法協会事務局 (担当 垰(たお)野(の))  TEL 093−952−7587

 
9月9日(火) 「薬局の上手な利用の仕方」
  公益社団法人福岡県薬剤師会薬事情報センター室長   神 雅子
 薬局は処方箋によるお薬の交付だけでなく、地域の皆さんの健康支援の拠点でもあります。健康維持のための上手な薬局の利用の仕方をお話しします。

福岡県薬剤師会事務局 (担当 島田)  TEL 092−271−3791

 
10月14日(火) 「冬に向けてのスキンケア〜皮膚のバリア機能を保持するために〜」
  医療法人福西会 福西会病院
   がん看護専門看護師・皮膚排泄ケア認定看護師  高木 良重
 冬は皮膚が乾燥しやすいため、その対策としてのスキンケア用品の選択と使い方についてお話します。

福岡県看護協会 (担当 西川)  TEL 092−573−6622

 
11月11日(火) 「心と体に優しい重粒子線がん治療」
  九州国際重粒子線がん治療センター 放射線管理監  新開 英秀
 平成25年5月に九州で初めて重粒子線がん治療施設が佐賀県鳥栖市に開設されました。セミナーでは、重粒子線がん治療法の特徴や治療例などをお話しさせて頂きます。

福岡県診療放射線技師会 (担当 加藤) TEL 092−631−1184

 
12月9日(火) 「お口は全身の健康の入り口」
  一般社団法人福岡県歯科医師会 学術部員  大熊 一徳
 歯科疾患を放置しておくと、お口の細菌が血管内に侵入し全身に悪影響を及ぼします。お口の管理と全身疾患との関わりについてお話し致します。

福岡県歯科医師会 (担当 江藤)  TEL 092−631−1184

 
平成27年1月13日(火) 「呼吸器に愛情を」
  福岡県理学療法士会地区部長  土屋  恵睦
 近年、骨折・脳卒中のリハビリテーションのほか、内科領域のリハビリテーション が盛んです。中でも呼吸器障害を抱える方への運動方法を紹介します。

福岡県理学療法士会事務局 (担当 福島)  TEL 093-965-2380

 
平成27年2月10日(火) 「インフルエンザとノロウィルスについて」
  九州医療センター主任  伊藤 有紀 技士
 冬の感染症と言えばインフルエンザとノロウィルス。その実態と検査や予防について、感染制御認定臨床微生物検査師が解説いたします。

福岡県臨床衛生検査技師会事務局 (担当 金子)   TEL 092-405-9033

 
平成27年3月10日(火) 「規則的な生活に健康寿命あり〜時間栄養学に健康な食生活を送るヒントを探る〜」
  原土井病院女性相談室室長 保健師  日高 留子
  日本は世界一の長寿国。健康で長生きすることが重要です。健康な毎日をすごすために規則的な生活、健康な食生活を送りましょう。

福岡県看護協会 (担当 西川)  TEL 092-573-6622

 

 


公益社団法人 福岡県医師会
(C)2007 Fukuoka Prefecture Medical Association. All Rights Reserved.