日医かかりつけ医機能研修制度

 日本医師会では、平成28年4月より都道府県医師会を実施主体として、「日医かかりつけ医機能研修制度」を開始いたしました。本研修制度は、今後の更なる少子高齢社会を見据え、地域住民から信頼される「かかりつけ医機能」のあるべき姿を評価し、その能力を維持・向上するための研修を実施するものです。
 本会では、平成25年度から募集し実施しております「福岡県医師会認定総合医(新かかりつけ医)制度取得者であり、かつ、日本医師会が定める応用研修にて10単位以上取得した医師へ修了証書を交付いたします。
 本制度につきましては、日本医師会ホームページをご参照ください。

   http://www.med.or.jp/doctor/kakari/
 
 

1.修了要件について

日医かかりつけ医機能研修制度について
                  
 1) 福岡県医師会認定総合医(新かかりつけ医)制度認定証取得者 ※1
 2) 応用研修(講義要綱【シラバス】に基づくテキストを用いた座学の研修会を修了申請時の前3年間において10単位以上取得(基本的に各講義1時間で1単位)) ※2
                  
※1  日医かかりつけ医機能研修制度における下記の内容を取得していることを意味する
 ・基本研修(日本医師会生涯教育認定証の取得)
 ・実地研修(社会的な保健・医療・介護・福祉活動、在宅医療、地域連携活等を地域で実践し、10単位以上取得。(1つの活動の実施で5単位))
※2  応用研修について
 修了申請時の前3年間において下記項目より10単位を取得する。単位数については下記1〜8の各項目につき最大2回までのカウントを認める。下記1〜6については、それぞれ1つ以上の科目を受講することを必須とする。下記1〜6については、応用研修シラバスに基づき作成されたテキストを使用する。

 
 
 1.  かかりつけ医の「倫理」、「質・医療安全」、「感染対策」(各1単位)
 2.  「健康増進・予防医学」、「生活習慣病」、「認知症」(各1単位)
 3.  「フレイル予防」、「高齢者総合的機能評価(CGA)・老年症候群」(各1単位)
4.  かかりつけ医の「栄養管理」、「リハビリテーション」、「摂食嚥下障害」(各1単位)
 5.  かかりつけ医の在宅医療・緩和医療(1単位)
 6.  症例検討(1単位)
 7.  「地域包括診療加算・地域包括診療料に係るかかりつけ医研修会」等※の受講(2単位)
    ※平成26年10月13日に開催した日本医師会在宅医リーダー研修会を含む、日本医師会、都道府県医師会、郡市区医師会が主催する当該研修会に準ずる研修会
 8.  「かかりつけ医認知症対応力向上研修」の修了(1単位)

 
2.認定について

 1) 認定期間 3年間
 2) 審査委員会において資格要件を審査し、承認された者に対し、修了証書を交付。
 3) 審査手続き料 会員・非会員無料(非会員は福岡県医師会認定総合医(新かかりつけ医)制度の申請時に10,000円が必要となる。)
 4) 登録料 会員・非会員無料(非会員は福岡県医師会認定総合医(新かかりつけ医)制度の登録時に25,000円が必要となる。)
 
3.申請方法(会員・非会員)


 応用研修受講報告書【】【】に参加証等、必要書類を添付の上、地元医師会へご提出ください。(郵送可)

 

 

 

福岡県医師会
総務課・地域医療課 日医かかりつけ医機能研修制度係
 TEL 092-431-4564 FAX 092-411-6858
 E-MAIL fpma-somu@fukuoka.med.or.jp



 
公益社団法人 福岡県医師会
(C)2007 Fukuoka Prefecture Medical Association. All Rights Reserved.