会長挨拶

挨  拶

福岡県医師会 会長 松 田 峻一良

 21世紀の最初の10年が経過しました。医療界においては、地域医療の再生が叫ばれる中、残念ながら未だその糸口がはっきりしない状況にあります。
 国民が望んでいるのは、将来への希望であります。その中でも特に重要なのは、社会保障を充実させること、特に医療の充実であります。そのためには、我々医療提供者が、専門職能集団として、ぶれることなくこの国の適切な医療の在り方を提言し続けていくことが重要であり、国民の支持を得て地域医療の崩壊を食い止めることが喫緊の課題です。最近では、医療や社会保障についてマスコミが大きく取り上げ頻繁に報道するようになりました。医療制度の問題を国民に理解していただき、一緒に閉塞感を振り払う上でも非常に良いことだと思っております。福岡県医師会でも新たに「広報委員会」を設置し、対内的にも対外的にも「行動する医師会」を積極的にアピールしていく所存です。
 福岡県医師会の会員であれば、開業医も勤務医も、また診療科も関係なく、全ての会員が安心して医療行為を行えるよう現在、各種委員会で議論を続けております。課題は山積しておりますが、時代の流れに埋没するのではなく、変革をチャンスと捉え、将来を見据えた『行動』を興し、邁進するつもりです。県民により良い医療ができるよう、心を一つにしてしっかりと取組んでまいりたいと思っておりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。



公益社団法人 福岡県医師会
(C)2007 Fukuoka Prefecture Medical Association. All Rights Reserved.