九州花粉情報

■福岡県内の詳細はこちらへ

2018年3月14日(水) 発表


■コメント
3月13日朝〜14日朝までのスギ花粉飛散数およびヒノキ科花粉数は福岡県スギ4.3〜205、ヒ
ノキ科0〜4.0、佐賀県スギ11〜26、ヒノキ科0〜2.7、長崎県スギ0.6〜62、ヒノキ科0〜10、
熊本県スギ3.7〜392、ヒノキ科0〜4.3、大分県スギ5.5〜102、ヒノキ科0〜5.2、宮崎県ス
ギ13〜43、ヒノキ科0〜0.7、鹿児島県7.2〜16、ヒノキ科0.3〜0.9個/cm2/日でした。

スギ花粉飛散最盛期は過ぎつつあり、ばらつきがみられています。ヒノキ科花粉の飛散が
見られ始めました。
福岡県内耳鼻咽喉科、眼科より、中等症〜重症の症状での受診が多いとの報告です。
外出時はマスク、メガネ等で予防対策が必要です。症状でお困りの方は早めに医療機関へ
受診してください。

ヒノキ科花粉飛散開始日:3月5日都城市、3月9日佐賀市、3月12日福岡市早良区、糸島市、
飯塚市、日田市、佐伯市、大分市、天草市

 

花粉数推移 (1週間前より)
■佐賀県 ■長崎県 ■熊本県 ■大分県 ■宮崎県 ■鹿児島県


■花粉情報トップページへ


■福岡県医師会ホームページへ戻ります


公益社団法人 福岡県医師会
(C)2007 Fukuoka Prefecture Medical Association. All Rights Reserved.