ホーム > もっと知りたい健康保険 > 介護保険について

介護保険のしくみ

介護保険の目的

介護保険は社会保険のひとつで、介護や支援が必要となった方に介護保険サービスを提供し、問題や不安を解消して、できるだけ自立した日常生活が送れるように社会全体で支えていくことを目的としています。

介護保険のしくみ

介護保険は市区町村が保険者となって運営します。40歳以上の方が被保険者となって保険料を負担し、介護や支援が必要と認定されたときには、費用の一部(原則として1割)を支払い、介護保険サービスを利用するしくみとなっています。
医師国保では、加入者のうち介護保険の第2号被保険者にあたる方々の保険料を徴収しています。医師国保が徴収した介護保険料は、介護保険納付金として社会保険支払基金に納められ、そこから各市区町村へ交付されます。


介護保険のしくみ

介護保険の被保険者

介護保険の被保険者は、その市区町村に住所のある40歳以上の全ての方(一部の適用除外者を除く)で、年齢によって第1号被保険者と第2号被保険者に分けられています。

介護保険の被保険者

医師国保の被保険者には、介護保険の第1号被保険者もいれば、第2号被保険者もいることになります。このうち第2号被保険者の介護保険料は、医師国保が健康保険料といっしょに徴収しています。

介護保険サービスを利用できる方

介護保険の場合は国民健康保険と違い、被保険者全員がサービスを受けられるわけではありません。介護保険サービスを受けられるのは次の方に限定されています。

第1号被保険者の場合

入浴、排泄、食事など日常の生活動作について介護が必要な状態と認定された方や、家事や身支度などの日常生活に支援が必要と認定された方。


第2号被保険者の場合

老化が原因とされる特定疾病により、介護や支援が必要な状態と認定された方。

40歳以上65歳未満で介護保険が適用されない方

40歳以上65歳未満の健康保険加入者のうち、(1)国内に住所のない方、(2)短期滞在の外国籍の方、(3)適用除外施設(下記参照)に入所している方は介護保険の被保険者になりません(適用除外といいます)。

適用除外施設

  • 指定障害者支援施設(身体障害者)
  • 障害者支援施設(生活介護を行うものに限る)
  • 医療型障害児入所施設
  • 医療型児童発達支援を行う病床
  • 独立行政法人国立重度知的障害者総合施設のぞみの園が設置する施設
  • ハンセン病療養所
  • 救護施設
  • 被災労働者の介護の援護を行う施設
  • 障害支援施設(知的障害者)
  • 指定障害支援施設(知的障害者、精神障害者)
  • 障害者総合支援法の療養介護を行う病院

介護保険料について

40歳以上65歳未満の被保険者は、健康保険料とともに介護保険料が毎月の給料から徴収されます。介護保険料は収入に関係なく、一律で負担します。

もっと知りたい健康保険

■医療費について

■介護保険について