ホーム > マイナンバー制度について

マイナンバー制度について

マイナンバー制度とは

複数の機関に存在する個人の情報を同一人の情報であるということの確認を行うための基盤であり、社会保障・税制度の効率性・透明性を高め、国民にとって利便性の高い公平・公正な社会を実現するための社会基盤(インフラ)です。

マイナンバー制度の導入により、福岡県医師国民健康保険組合は、①マイナンバーが記載された申請書・届出書等の提出を受けて、被保険者等のマイナンバーを取得し、②情報提供ネットワークシステムを通じて、情報照会・情報提供(情報連携)を行います。これにより、その対象となる手続で添付書類の省略ができるようになります。

このたび、マイナンバー制度の開始に伴う国民健康保険の各種手続きについて、事業主等の取次者(甲種組合員)の方及び被保険者の皆様向けのリーフレットを作成いたしましたので、下記よりご覧ください。

事業主等取次業務を行う方(甲種組合員)へ

被保険者の皆様へ

よくある質問(FAQ)

より詳しい情報につきましては、下記よりご覧ください。

社会保障・税番号制度(マイナンバー)制度がはじまります(厚生労働省)

社会保障・税番号制度の導入に向けて(社会保障分野)~事業主の皆様へ~(厚生労働省)

安全管理措置の実施について

個人情報保護方針(準備中)

個人情報保護規程(準備中)

情報セキュリティ基本方針(準備中)

運用管理規程(準備中)

機密文書管理規程(準備中)

特定個人情報保護評価の実施について

特定個人情報保護評価計画管理書(準備中)

特定個人情報保護評価書(準備中)