がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会(福岡県単位型緩和ケア研修会)について


 
【がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会とは】
 緩和ケアについては、国のがん対策推進基本計画(平成19年6月15日閣議決定)において、「すべてのがん診療に携わる医師が研修等により、緩和ケアについての基本的な知識を習得する」ことが目標として掲げられているところです。
 このことを踏まえて、緩和ケアの研修については、国において「がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会(以下「緩和ケア研修会」という。)の開催指針」(平成20年4月1日付け健発第0401016号厚生労働省健康局長通知)が定められ、これに準拠した研修の実施を推進することとされているところです。当該指針は、緩和ケア研修会の質の確保を図り、もってがん診療に携わる医師が緩和ケアについての基本的な知識を習得し、治療の初期段階から緩和ケアが提供されるようにすることを目的とするものです。

 
【福岡県単位型緩和ケア研修会の実施について】
 福岡県においても、「福岡県がん対策推進計画」の中で、治療の初期段階から緩和ケアの実施を重点施策の一つとして掲げ、「すべてのがん診療に携わる医師が研修等により、緩和ケアについての基本的な知識を習得する」ことを目標としています。
 福岡県内では、「福岡県単位型緩和ケア研修会実施要領」を定め、「福岡県単位型緩和ケア研修会標準プログラム」に準拠した内容で実施されます。

■福岡県単位型緩和ケア研修会実施要領
■福岡県単位型緩和ケア研修会標準プログラム(別紙1)
■福岡県単位型緩和ケア研修会開催の手引き(別紙2)
■福岡県単位型緩和ケア研修会の新規実施に係る手続きについて(別紙3)

 
【受講方法について】
 「福岡県単位型緩和ケア研修会」は、A課程とB課程からなる単位型の研修です。研修の受講にあたっては、同一研修会主催者において実施される課程の一括受講が望ましいが、 やむを得ない場合は同一期限内に各課程ごとに受講する分割受講も認められます。その際は、A課程修了後に同一期限内にB課程を受講する必要があります。
 受講申し込み方法等につきましては、各研修会実施機関に直接お問い合わせください。また、各研修実施機関の都合により、日程等変更される場合がありますので、各研修会実施機関へ確認をしてください。

■福岡県単位型緩和ケア研修会 実施機関及び日程

 
【修了証書の交付について】
 研修会のすべての単位(A課程・B課程)を受講されたことが確認された医師に対して、厚生労働省健康局長と福岡県知事の連名による「修了証書」が交付されます。ただし、この手続きには、厚生労働省への報告等が必要となるため、研修修了から時間を要しますので、あらかじめご了承ください。
 単位(A課程)の有効期限は、11月1日から翌年8月末日となります。その期限が過ぎた場合の単位(A課程)については無効となります。同一期限内にすべての単位を取得されますようお願いします。


 
公益社団法人 福岡県医師会
(C)2007 Fukuoka Prefecture Medical Association. All Rights Reserved.