福岡県医師会アイバンク

 
■アイバンクについて   ■パンフレット等       ■事業計画・事業報告
■角膜移植とは       ■登録方法について    ■献眼方法について
■賛助会員          ■その他

 
■アイバンクについて
 ドナー(角膜を提供する人)とレシピエント(角膜移植を待つ人)の架け橋の役目をするところです。福岡県医師会アイバンクは、昭和47年に初めて医師会が設立したアイバンクです。 この運営は福岡県医師会に本部を置き、福岡県眼科医会等関係者の協力で行われています。全国には54のアイバンクがあり、レシピエントの手術が円滑に行われるよう活動を行っています。
 
設立  昭和47年4月7日(平成24年12月10日公益財団法人へ移行登記)
法令 臓器の移植に関する法律
事業 1.献眼登録業務
2.献眼のあっせん業務
3.アイバンク事業の普及啓発活動
役員
理 事 長 松田 峻一良
常務理事   吉富 文昭
理   事   園田 康平   ・ 山川 良治 ・ 内尾 英一 ・ 近藤 寛之
    合屋 慶太 ・ 松井 孝明 ・ 菅井 滋 ・ 林   大助
    山本 英彦      
監   事   辻 裕二      

全国のアイバンク一覧表  ※登録はお住まいの地域のアイバンクでできます。

 ■福岡県医師会アイバンク定款

 
■パンフレット等


■福岡県医師会アイバンク40周年記念誌

■医療機関の皆様へ〜アイバンクからのお願い〜

■アイバンクのしおり

※パンフレット等が必要な場合は、本アイバンクへご連絡ください。


 
■事業計画・事業報告
年度 事業計画 事業報告 貸借対照表
平成24年度 事業計画 事業報告(12月期)
事業報告(3月期)
貸借対照表(12月期)※電子公告
貸借対照表(3月期)※電子公告
平成25年度 事業計画 事業報告 貸借対照表※電子公告
平成26年度 事業計画 事業報告 貸借対照表※電子公告
平成27年度 事業計画 事業報告 貸借対照表※電子公告
平成28年度 事業計画

 


■角膜移植とは
 角膜とは、眼球の最前部にある「黒目」と呼ばれる透明な組織です。病気やケガのために、すりガラスのように白く濁っ たり、変成や変形により見えなくなります。このように濁った角膜を取り除いて、透明な角膜に置き変えることを角膜移植 と言います。移植に使う透明な角膜は、亡くなられた人の眼球から得られます。現在、手術の成功率は90%以上と言わ れておりますが、今後も技術と治療薬の進歩で更に向上すると思われます。


■登録方法について
1.まずは、アイバンクにお連絡ください。    → しおり・角膜(眼球)提供承諾書・登録票をお送り致します。
2.必要事項をご記入いただき、返送下さい。 → 登録手続きを行います。(1ヵ月程お時間を頂きます。)
3.登録票をお送り致します。(これで登録手続き完了です。) 

登録票は常時携帯して下さい。なお登録後下記のような場合は、お手数ですが、本アイバンクまでご連絡下さい。
  ●登録後に変更(住所・電話・名前等)があった場合
  ●登録を取り消したいとき
  ●登録をしていたが亡くなられたとき(ご家族より御連絡頂けますと幸いです)

 連絡先
(電話)福岡県医師会アイバンク事務局(平日9時〜17時) TEL 092−431−4564
(郵送)書面・ハガキで「登録希望」の旨「ご住所・お名前・電話番号」をご連絡下さい。
〒812-0016 福岡市博多区博多駅南2丁目9-30-4F 福岡県医師会館内


 

■献眼方法について
1.事前に、献眼提供される意思をご家族にご説明下さい。献眼は本人の意思のみでは行えません。
  ご家族の同意が必ず必要となります。また、入院された場合には主治医の先生に、提供の意思を伝えて下さい。


2.万が一の場合は、福岡県医師会アイバンクまたは九州アイバンク(福岡県メディカルセンター)までお電話にてご連絡下さい。(主治医・ご家族より)


 
福岡県医師会アイバンク 9時〜17時 092−431−4564
九州アイバンクセンター 24時間体制 092−471−0099

3.摘出医の手配を行い、摘出に参ります


4.摘出後は、義眼を入れ整顔致します。
5.ご提供頂きました角膜は、県内の各移植医療機関に待機しております、角膜混濁による視力障害者
(レシピエント)の視力回復のため、感染症の検査を行い移植が行われます。

  ※献眼の条件は・・・・?
   ・年齢制限はございません。未成年・ご高齢の方でもご提供頂けます。
   ・アイバンクに登録されている方でご家族のご承諾があるとき
   ・アイバンクに登録されていない方でもご家族のご承諾があるとき
   ・近視・遠視・乱視でもご登録頂けます。
   ・3歳以下のお子様については、角膜の発育の未熟性から難しくなります。
   ・また、変死の場合、感染(エイズ・B型・C型肝炎・白血病等)で亡くなられた場合は提供できません。


■賛助会員
 福岡県医師会アイバンクは、角膜移植の普及啓発及び促進、眼の衛生思想の普及向上を図ることを目的として事業を行っております。本アイバンクの趣旨にご理解いただき、ご支援ご協力をお願い申し上げます。

※この賛助会費は、所定の手続きにより、寄附金の合計額のうち一定の限度額まで損金算入ないし寄付金控除が認められます。
 

賛助会費

個人:1口 1000円   法人・団体:1口 5000円  

●賛助会員にご加入いただける方は本アイバンクまでご連絡いただくか、下記申込みフォームにてご入力下さい。入会申込書と振込用紙をお送りさせていただきます。
 なお、入会申込書につきましては、下記より印刷できますので、その際はまず入会申込書をお送りください。

送付先:
〒812-0016 福岡市博多区博多駅南2丁目9-30-4F 福岡県医師会館内
福岡県医師会アイバンク 行

■賛助会員規程
■賛助会員入会申込書(PDF形式)
■賛助会員入会申込書(ワード形式)


 


■その他
◇親族優先提供とは・・・
 平成22年1月17日より、親族に対し角膜を優先的に提供したいという意志表示をすることが可能になりました。提供に際しては、親族優先提供の意思を表示し、署名した日付がある書面が必要となります。登録者へは、意志表示シールをお送りしておりますので、登録票の裏面に貼付して下さい。
親族優先提供に関する詳しい内容はこちら。

◇目の愛護デーについて・・・
 1931年に中央盲人福祉協会が「視力保存デ−」として制定し、戦後、厚生省(当時)が「目の愛護デー」に改称し、毎年目の健康に関わる活動が全国各地で進められています。本県では、毎年、10月1日から10月10日の間に本アイバンク登録者を対象に、郵送しましたハガキを眼科医院へ持参頂き、無料検診を実施しております。年に1度は、目の健康状態をチェックする機会をつくってみてはいかがでしょうか。


 
公益社団法人 福岡県医師会
(C)2007 Fukuoka Prefecture Medical Association. All Rights Reserved.