ご案内
13/61

博多祇園山笠【博多祇園山笠】毎年7月1日から7月15日にかけて開催される700年以上の伝統のある祭である。鎌倉時代の1241年に博多で疫病が流行した際、承天寺の聖一国師(円爾)が町民に担がれた木製の施餓鬼棚に乗り水を撒きながら町を清めてまわり疫病退散を祈祷したことを発祥とする。10mを超す飾り山が市内で展示され、博多の町は山笠一色となる。国の重要無形民俗文化財に指定されており、2016年にはユネスコ無形文化遺産に登録された。各種申込要領等各種申込要領等

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です