福岡県医師会「医療情報講演会」―ITフェア2017同時開催―のご案内

 福岡県医師会では、県民の皆様が安心して暮らすために患者の診療情報を医療機関同士や多職種間において共有する「福岡県医師会診療情報ネットワーク(とびうめネット)」を発展させ、県民の生涯保健情報の統合により医療情報基盤を構築する「福岡県民100年健康ライフ構想」を実現していくことが大きな役割ではないかと考えております。
 昨年度、日本医師会から委託を受けたAMED研究事業は、福岡県内の乳幼児健診から成人健診のデータを収集するもので、「福岡県民100年健康ライフ構想」を実現するための大きな一歩になると考えております。
 そこで、本年度の医療情報講演会では、少子高齢化が進行するわが国で、健診情報や介護情報等、生きていくために必要な情報を集約するICT医療情報の整備を行い、医療・介護に疲弊することなく、生きがいのある人生を満喫できる社会を構築するために何が必要なのか、医療、介護及び行政の関係者の皆様とともに考えるため、以下のとおり企画いたしました。
 つきましては、会員はもとより医療従事者並びに事務局等、多数ご参加いただきますよう、ご案内申し上げます。
なお、
1)講演会の参加希望の方は、別紙申込書により、本会あてFAX(092-411-6858)にてお申込みが必要となります。
2)機器展示のみ参加希望の方は、申込みは必要ありません。
3)講演会受講者は日本医師会生涯教育講座2.5単位が取得できます。(カリキュラムコード 6・9・10・12・13)
4)当日、託児を希望される場合は、託児室を設置いたしますので事前(1週間前まで)に本会へご連絡ください。⇒詳しくはこちらをご覧ください。
 


チラシ

参加申込書

と き: 平成29年10月21日(土)15:00〜17:30
(機器展示14:00〜18:00)
ところ: 福岡県医師会館 5階研修室
  福岡市博多区博多駅南2−9−30
内 容: 〜福岡県民100年健康ライフ構想の実現に向けて〜

◆講演内容(日本医師会生涯教育制度講座2.5単位 cc:6.9.10.12.13)
@「様々な医療情報を一元化するメリット
  〜日本医師会生涯保健情報基盤の構築と利活用に関する研究について〜」※30分
 「医療情報システムを安全に管理するために
  〜医療情報システムの安全管理に関するガイドライン 第5版について〜」※30分
     日本医師会ORCA管理機構椛纒\取締役社長 上 野 智 明
A「ORCAを利用した地域包括ケアシステムの構築に向けて
  〜とびうめネットとの連携も踏まえて〜」※60分
     福岡県医師会常任理事 辻   裕 二
B「とびうめネットを活用した取組み事例」※30分
     浮羽医師会副会長 西 見 幸 英

◆機器展示
  ●ORCA連携システム及び関連機器(14:00〜18:00)
  ●システム導入相談会(随時受付)
 

 
問合せ先
福岡県医師会地域医療課 吉武
TEL 092-431-4564 FAX 092-411-6858
E-mail fpma-chiiki@fukuoka.med.or.jp
 

 
 
公益社団法人 福岡県医師会
(C)2007 Fukuoka Prefecture Medical Association. All Rights Reserved.